FC2ブログ

百猫物語 (ひゃくびょうものがたり)

  野良猫との出会いや保護活動の過程で、不幸なまま救えなかった猫たちへの懺悔・・・・・   そして、保護して本当に幸せなのか、愛情がわいて手放せない猫たち・・・・増えていく猫たちと家族になった私の日々を綴る。

尊厳を失わず

◆尊厳を失わず「最期まで立派に生きた猫」

台風のつめ跡、千葉県の方々が1日も早く、災害の復旧と生活の安心を得られます様に、心よりお祈り申し上げます。

保護して数日後にナデナデが嬉しくて、甘える涼くん。
お風呂に3回入れました。でも毛色はスッキリ白にはならなかった。
過酷な野良生活が染み付いていました。

☆ ☆甘えん坊涼くん

8月、酷暑の日にやっと捕獲した涼くんは、以前から気に掛けていた猫でした。
痩せていて、病気かな?心配していました。
春も初夏も見掛けて、病院へ連れて行きたくて、
「とにかく保護しよう」決めていました。

町のあちこちで見かけました。痩せていて心配。
でも、いつもスーッと逃げてしまう。
やっと近くに来てくれる様に慣れたのが初夏。
毎日同じ場所には居ませんが、私を覚えて側に来てくれる。

運命はあの日、私の知り合いの庭に水を飲みに来ていた。
「数日前から来るのよ、ご飯をあげるわね」
その家の協力で捕獲して、病院へ行くと血液検査は「エイズ陽性」
「でもよく食べる!良かった、すぐに捕まって良かった」
私の所へ来てくれて、ありがとう。
側に居る安心感です。もう飢えないよ。毎日たくさん食べてね。

好きな焼き魚パックをあげると嬉しくてガツガツ食べる。
撫でると側から離れません。甘えん坊でした。

そして、台風の到来の頃、食べなくなって、痛い注射を我慢して、
スポイトでご飯を食べて。一生懸命生きました。
私は毎朝晩点滴をして、脱水症状を緩和させると気持ち良いのか?
少し元気になってスリスリします。
「エイズだから、何があっても難しいね」
「でも食べてるなら大丈夫だよ」とは、言われました。

しかし、体力の回復もなく、数日を過ごし、朝から辛そうにして、
ひっそり息を引き取ったのが9月14日。

保護してひと月だけ暮らしました。一緒で嬉しくて早く帰る様になりました。
涼くんが待ってるから、早く帰る。美味しいエサを選んで帰る。
☆ ☆ ☆ 涼くん最後の猫座り

最後の苦しい日々に、私を見つめて猫座りをしている涼くんです。
オス猫としての尊厳を持って、
私に「ボクは大丈夫だよ」って言っている様です。

いつも猫は家に居ます。他の子も可愛くて大事な私の猫。
なのに涼くんが居なくなって、ぽっかり穴が開いています。
「太って欲しかったな」
丸々とした涼くんを抱っこしたかった。
涼くんは、ずっと私の心に残る猫。立派に生きた猫でした。
涼くんと暮らして、幸せだったのに、守れなくてごめんね。
やっと出会えた猫との、たつたひと月の幸せでした。

★☆ご訪問頂き有難うございます。とにかく軽い。そして、毛がボロボロ、少し臭くて汚れていた子。でも良く食べました!元気な証拠と思いましたが、力尽きる数日は頑張り、壮絶でした。辛くても私が撫でるとゴロゴロ喉を鳴らしてくれた。甘えん坊で、保護してから怖がらずに甘えてくれたね。ありがとう。この子は、生まれてから今まで、お外で苦労して、家の中でお腹一杯食べて、安心して生きる事が出来なかったけど、私に愛をくれました。涼くんは、最後まで、オス猫として私を見つめて気にしてくれました。涼くん本当にありがとう。☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



このページのトップへ

飼い方は色々あるけど

◆ 飼い方は色々あるけど

猫のブログをやっていると野良猫とか、周囲の人は気にしない子たちがあちこちで頑張って生きている様子が、よーく見えてきます。ウチにいるニャンコ達も元々は皆お外で頑張って生きていた子たちです。
まん丸ナナちゃん2018
実際に自主的なボランティアをしている友達と自然と知り合い、皆さん地域の野良猫の事で熱心に動いている方には敬服しています。
どこどこで猫を飼っていた老人が亡くなって、大勢の猫の事で頑張っている知人。
昨年から保護した親子猫の事で奔走している知人。
ゴミ屋敷で猫の多頭飼いをしている地域の事で奔走している知人。
・・・書けない大変な内容ばかりで、相談に乗るだけでも良いのに、時には聞いてあげられない、余裕の無い自分がいます。
私も夏の夜にガリガリの猫を見つけて、心配で心配で、
「この猛暑の中、この子は生きていけない」必死で保護しましたが、飼い猫でした。
脱水もはなはだしい、どうして外へ出せるのか、話しをしましたが、
「お散歩好きで、出ちゃうので仕方ない」と、言われました。
出ちゃうって言っても高齢でガリガリです。考えないといけないと伝えました。
その後直ぐにその子が亡くなったと、飼い主さんから伺いました。
高齢でガリガリ、食事も細く脱水の子です。
私は夜に外で亡くならなくて、せめてお家で亡くなった事は不幸中の幸いだと思いました。

家族にとって亡くなった事は悲しいですから、もう何も言いませんでした。
猫用の玄関ガードを渡して「外は危険だから出さない努力をして下さい」と、お伝えしてありました。
それでもお家で亡くなった。最後の最後に大好きな家族の腕の中で亡くなった。
可愛い人懐こい良い子でした。
保護した数日の間、あの子が喜ぶジュレのご飯をあげると嬉しくてスリスリしてきました。
すごく可愛くて、私も(亡くなった事で)泣きました。
連日の猛暑、毎日お外で散歩なんて、いくら楽しくても脱水になりますよ。
飲水量も把握して無いのに(私はスポイトで飲ませました)脱水とか考えないで出さないで欲しいです。
亡くなったって聞いた時に、すごく悔しさが込み上げてきました。
それでも、外で亡くならなくて良かった。
家族に看取られて良かった。そう思っています。
天国のR君、本当に可愛くて良い子だったよ。
ママとお兄ちゃんと幸せだったね。

★☆ご訪問頂き有難うございます。甲子園の熱闘も終わり、また台風が上陸中。今日も強風です。この投稿のニャンコの月命日にお花を渡して、まだモヤモヤしています。でも長生きした子です。性格の良い子でした。愛されていたのがわかります。とても優しい家族でした。外へ出たがる子を止めるのは大変です。でも外で倒れたらどうなるか?そう思うと、改めて「室内飼い」は、重要なテーマだと思いました。☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

このページのトップへ

for my friends

◆ for my friends (休み中の)号外です。

大好きな「招き猫しろちゃん」の可愛いしろちゃんが、闘病生活をママと乗り越えてきましたが、
4月25日(水曜日)の夕方に永眠されました。
kakobox様へ謹んで、お悔やみを申し上げます。

しろちゃん、本当に頑張ったね。お疲れ様でした。

☆ ☆ ☆ しろちゃん永眠 Lots of Love

★今回は、号外でした。私のブログは、暫くお休みしています。
➡︎「勇気ある訴え。そして、お休みのこと」

★☆ご訪問頂き有難うございます。訃報を伺い、お悔やみをお伝えしたくて投稿しました。長い闘病生活にも関わらず、いつも優しく生きたしろちゃんが可愛くて仕方ないです。寂しいです。☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

このページのトップへ

詩織さんに騙されました。

◆ 詩織さんに騙されました。

まず署名のお願いです。
埼玉県「★13匹の猫を虐待して殺害した男」への実刑判決を求める署名。詳細は★をクリックして下さい。

試験に向けてラストスパート、ブログは休眠中です。
でも今夜は、詩織さんにお別れの記事を投稿します。

3回めの輸血を9月初旬にもして、何とか楽しそう暮らし、自分でエサを食べて頑張っていましたが、先ほど(昨日の9月20日)22:50詩織さんは、静かに旅立ちました。
☆ ☆ ☆ 詩織さんさようなら

輸血をしても先週末あたりから少しずつ食が減り、毎日強制給餌をして、お薬を飲んで、詩織、よく頑張ったね。
昨夜は私にお別れを言うまで我慢していた様です。
一昨日あたりから元気がなく横たわる事が増えていました。昨夜は用を足して帰宅したとたん息が荒くなり、そのまま息を引き取りました。
「私が帰るまで待っていてくれたんだね」

昼間は普通にウンチをして、しっかりしていたから騙されました。
この様子ならまだ(暫くは)大丈夫かな、でも長く無いな。
やはり明日は通院しようか・・・
チュールをしっかり食べて、正常なウンチをして、少しでも元気な様子を見せていた詩織さん。
可愛い、可愛いと、可愛いがる子ほど病魔に冒されてしまいます。
まさか、お別れが今夜とは・・・・先ほどまで(昨夜の夜)ショックで呆然としていました。
久しぶりの涙、詩織は私の事を待っていてくれた。そう考えて、また涙。

★☆ご訪問頂き有難うございます。想定外の早さでした。心の準備もなく、詩織さんとのお別れでした。輸血は3回しても効果なく、でも、次ももしかして輸血の為にウチの猫を連れて行って血液型が合えば良いな・・・考えている最中でした。☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

このページのトップへ

猫は頑張っちゃうって。

◆ 猫は頑張っちゃうって。

はなちゃんへコメントを頂きありがとうございました。
❤︎カギsha様 ❤︎カギP様 ❤︎カギNya様 ❤︎ぷうまま様 ❤︎micia様
❤︎茶々ママ様 ❤︎ぐるこ様 ❤︎Iris様 ❤︎カギno様 ❤︎カギPu様 ❤︎はなきちママ様


3日は公休日、夕方から弱ってきたはなちゃんのケアをしながら家にいました。
(先生は、もう病院へ来るより見守ってあげて。との事でした)
逝ってしまうだろうというギリギリのところ・・・
点滴をした水も吸収せずに、排尿で濡れたシートを取り替える。
抱き上げた身体は、軽くて・・・まるで仔猫の様でした。
「はなちゃん、仔猫だね」と、最期のつもりで頰ずりをする。
はなちゃんサヨナラ はなちゃんへ花束を
夜中も眠れなくて何度も確認しましたが、お腹で息をする様子、頑張ってくれました。
不覚にも寝てしまいました。焦って起きたら(早朝5時)冷たくなっていて、
2時まで見守っていたのに、看取れなくて悲しい思いで、看取れない悔しさを知人に話したらその知人に言われました。(犬を飼っている知人)

「猫は頑張っちゃうって聞いたよ。弱いところを見せない。お母さんが側で見てるから『まだ大丈夫だよ』って頑張って生きていたんだよ。だから寝てから『お母さんが寝たな』って静かに息を引き取った。起きてる間は、一緒に起きててくれたんだよ。」と・・・私が寝るのを待っていてくれたんだ。
こんな事を言われて、かえって泣けました。
(2016年12月4日 クリスマス前に旅立ったエンジェルへ)

★☆ご訪問頂き有難うございます。いままで亡くした子達にも「もっと出来たんじゃないか?」と、思いました。先生に教わって在宅点滴をしても弱っていったはなちゃん。それでもダメでしたが、手を尽くさない場合は後悔したと思います。はなちゃん❤︎ありがとう。☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

このページのトップへ