百猫物語 (ひゃくびょうものがたり)

  野良猫との出会いや保護活動の過程で、不幸なまま救えなかった猫たちへの懺悔・・・・・   そして、保護して本当に幸せなのか、愛情がわいて手放せない猫たち・・・・増えていく猫たちと家族になった私の日々を綴る。

捕り物帳(年末年始大捕り物)

◆ 捕り物帳(年末年始大捕り物)

ケージの箱の中、ブスくれてますが、この可愛い子は男の子。
年の瀬の慌ただしい日に保護されたラッキーニャンコです。

★「1月15日の嬉しい追記」一昨日の夜から昨日まで、知人が頑張りました。地域の団体さんの協力もあり、この子のママ猫と他の猫(3匹)を保護して協力病院で避妊、去勢をしてきました。そのうち黒仔猫は知人の関係者が飼います❤︎
あと1匹(知人が飼いたいキジトラ猫)の捕獲がまだです。キジトラもなんとかしたい!!


(昨年末)私の知人からの相談でした。
「飼いたい子が居るの」
「仔猫?」
「近所に仔猫も居るけど違う、大きくなった子」
「仔猫を欲しがる人が多いのに、大人で良いの?」
「夏に仔猫だった頃からずっと気にしていた子なの」
近所の野良猫達の事をずっと心配して、面倒を見ていたそうです。
ゆずニャン
夏にこの子を捕まえたい、でも捕まえる事が出来なかった。
秋から近くに寄って来て慣れてきたから、毎日ごはんをあげて見守ってきたそうです。
「寒いし保護したい。もちろん飼うから」

「他の子はどうするの?」
「ママ猫と他の子も避妊して外で面倒を見る、でもこの子は飼いたい」
保護しても「里親さん」を探すのが大変です。
でも飼い主が居ると決まってるなら保護だけ頑張れば良い。
お外のニャンコなのに飼い主が最初からいるなんて!なんとラッキーニャンコです。
(知人のため、この子のため)「絶対に捕まえる!!」

2つ先の区に住む知人宅に自転車で行き、駅前の100均で揃えた小物で「臨時の捕獲機」を作りました。
知人がカニカマでおびき寄せて、、、、私が手作りケージにキャッチ!
一瞬で捕獲は成功しました。
「日頃の交流が良かったから近くに来てくれたね」
知人は大喜びでした。
仔猫だった頃、可愛くて気にしていたのに仔猫の兄弟が1匹消え、また消えて。。。
野良猫は危険と隣り合わせです。
数匹残った仔猫とママ猫とを毎日のようにご飯をあげて守ってきた。
もう気にしないで飼いたい!
その思いがパワーとなり直ぐに保護出来ました。

年末年始を動物病院に預けて、去勢して退院。
いま、この子は知人の家に居ます。名前も決まって家猫修行中。
まだケージの隅っこに隠れたりしていますが、早く抱っこしたり慣れて甘えて欲しいですね。
※ まだ、この子の家族が数匹居ます。保護して避妊してリリースする予定です。
友が面倒を見るなら、私も応援して保護を手伝いに(また)行ってきます。

★☆ご訪問頂き有難うございます。本番(試験)まで2週間!!猫と格闘してる場合じゃないのですが、知人が「保護ってどうやるの?」と、言うので手伝っています。大丈夫か私??☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

このページのトップへ