FC2ブログ

百猫物語 (ひゃくびょうものがたり)

  野良猫との出会いや保護活動の過程で、不幸なまま救えなかった猫たちへの懺悔・・・・・   そして、保護して本当に幸せなのか、愛情がわいて手放せない猫たち・・・・増えていく猫たちと家族になった私の日々を綴る。

危険な事

◆ 危険な事

たぬちゃんです。。。怒っています。
私の不注意です。風呂場のドアを開けたまま浴槽のフタも開けたままでした。
公休で、昼間の入浴後です。フタを閉めて無いのを知っていて高校野球の中継を気にしていました。
早稲田実業の試合を見ながら、風呂場を開けたまま・・・テレビを見ながら・・・
ドボン!バシャバシャ。。。音が聞こえました。
「ドボン!??」
「は、マズイ!!」
急いで浴槽へ行く、たぬちゃんが溺れている、夢中で引っ張りあげる。
(一瞬の出来事でした。)
ビショビショのたぬちゃんをマットの上へ乗せる。
たぬちゃんは身体をブルブルと振りお湯を飛び散らす。
急いでたぬちゃんをタオルで包む・・・

確かに溺れていました。
もし清宮くんが良い打撃をして「うわぁー!」って夢中になってたら「ドボン」を聞かなかったら。
気が付いて良かった。あと少し遅かったら・・・考えたらゾッとしました。
☆ ☆ たぬちゃん怒る!
エアコンの部屋で、直ぐに乾いてフワフワになりました。

★shah-san様にお答えします。いつもコメントを頂きありがとうございます。
「なぜ浴槽に落ちたか」
ウチの場合は「必ずお湯を抜く、またはフタを必ずしめる」を徹底していたので、ニャンコが風呂場に入ってジャンプしても風呂のフタの上に乗っかり「落ちない」ハズでした。「フタが有る」= 「いつもの様に乗れる」と思って飛び乗った?と推測します。で、ジャンプしたらフタが半分くらい開いていた。飛び乗れなくて「ドボン」かな?と、思いました。(推論です)

猫を飼っていると(小さな子供も同じですが)
台所の刃物や火とか、揚げ物の油。
風呂のお湯やベランダや、家の中にも危険がいっぱいです。
ずいぶん前には、コンビニの袋に絡まって、口から流血もありました。(他の子)
ほんの一瞬、私の不注意でおきた事故でした。
猫には分からないんだから、私が悪い。人間が気を付けなくちゃいけない!
心そこ反省しました。たぬちゃんゴメンなさい。
皆さんもお気を付け下さい。

★☆ご訪問頂き有難うございます。この日は公休でノンビリしてました。早稲田実業の試合を楽しみにしていて、清宮くんの打席でついついテレビに釘付け・・・気が付かなかったら大惨事でした。杉並区の迷子猫たぁ君、まだまた捜査を続けています。☆★
ランキングタブピンク にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村

このページのトップへ